MR’s buddy-MRの仕事、スキル、モチベーション、やりがい等

人間関係で疲れ果ててどうしようもない時の考え方

 

これから記載する方法はかなり身勝手なものです。相手のことを全く考えない方法ですので、正直おすすめしません。しかし、人間関係構築によるストレスや疲れ等により、心身共にどうしようもない時が訪れた時の応急処置として、この方法が役に立つかもしれませんので記載していきます。

 

この記事の内容に気分を害される方もいらっしゃるでしょう。体力・気力共にどうしようもないという経験をお持ちでない方・今現在そうではない方はお読みにならないでください。

 

さて、人間関係は仕事でもプライベートでも必ず関わってくるものです。相手との人間関係を良くする為に行動しても良くならない、また良くなるどころか逆に悪化していくケースも残念ながらあります。「もうこの人との人間関係を構築する体力も気力も限界だ」という時がくるかもしれません。

 

そういう時はすべてを切り捨てて自分勝手に考えてください。それが出来ずに体を壊したり、精神的に病んだりする人が少なからずいます。そうならない為の最終手段です。

 

その人にはその人の人生があります。その人に対してあなたが気を遣って行動しても、そのことはいずれ忘れられてしまいます。下手をすると、長い年月が経てばあなたの存在すら覚えていないかもしれません。

 

基本的に人間は自己中心的なものです。あなたがその人との人間関係を構築するために頑張って気を遣ったとしても、その人は自分がしんどくなると、これまであなたがその人の為にやってきたことなど全て忘れて、更に高い要求をしたり、怒りをぶつけてきたりすることもあるでしょう。

 

そういう人の為に、あなたが心身共に疲れ果てるまで頑張らなくても良いのです。人間関係でQOLを下げるぐらいであれば、思い切って異動する手もあります。全国に支店・出張所がありますので、逆に異動することであなたの新たな可能性が出てくるかもしれません。またMRでなくても社内にはいろいろな部署がありますので、MR自体を辞めることも出来ます。

 

異動したりわがままを言ったりすることで、その人から陰口を言われることもあると思います。そのような場合は開き直って陰口でも何でも言わせておけばいいのです。

 

人間関係構築に力を入れるかどうかの判断ラインは、「点」の付き合いになるか「線」の付き合いになるか

 

そもそも人間関係は大体が「点」で構成されています。「点」とはその時々だけに必要とされる人間関係のことです。学生の時の教師、友達、バイト先のメンバー等、あなたの全ての人間関係の内、90%以上は今現在何をしているのかさえ分からないでしょう。つまり、その90%以上の人間関係が、その時々だけに必要とされた「点」の人間関係なのです。

 

時間が経って異動したり担当施設が変わったりすれば、その人と関わらなくなります。ずっと付き合えるような「線」の人間関係は上記の90%以上を差し引いた数%です。人間関係に困っている人ほど付き合いは確実に「点」になります。

 

そもそも、その人もあなたとの付き合いは「点」だと思っています。そんな人との人間関係に悩む時間があるのであれば、「線」の人間関係の人たち、言い換えると家族や親友等の大切な人との時間を大切にした方が良いです。

 

ここで言いたいことは、あくまで人生はあなたのものであり、他の誰のものでもないということです。他人の為にあなたの人生を狂わされるぐらいであれば、その人を切り捨てた方が良いのです。他人はあなたのことを時間が経てば忘れてしまいますので、気にせずに嫌いな態度を前面に出してください。

 

そうして全てをリセットした後は、同じ失敗を繰り返さない様この経験を活かしていけば良いだけです。一番やってはいけないことは、自分が全く成長せずにこの方法を乱発することです。必ずこの経験を次の人間関係に活かしていってください。

 

極端なことを言いましたが、私は実際そう思って気分をリセットした経験があります。その人はかなり理不尽な指示を出す人でした。やんわり意見を言ったり、自分の行動を変えたりして人間関係を良くしようとしましたが駄目でした。私以外のメンバーも疲弊していました。

 

もう限界が来たので「点」の付き合いだと割り切ることにしました。割り切ってからというもの理不尽な指示を出されても「嫌です」とか「やりません」とかキッパリ口に出して断りました。その人から見れば、私は仕事のできない使えない奴ですが、「点」の付き合いですので何とも思いません。実際、今その人は異動して付き合いは0です

 

MRは営業なので社内でもいろいろな部署と関わりますし、担当施設においても医師だけではなく薬剤師等々いろいろな方と関わります。人間関係をうまく構築できない人のことを気にしていては時間も労力も勿体ないです。

 

その時は思いっきり割り切って身勝手に動いてみてください。そしてその経験を自分自身のレベルアップの材料として活かしていけばいいのです。そういう人を逆に利用してどんどん成長していきましょう。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link


 

関連ページ