MR’s buddy-MRの仕事、スキル、モチベーション、やりがい等

モチベーションを維持する為に、何も考えず行動してみることが大切

 

あなたが今担当している施設は、どれぐらいの期間担当しているでしょうか。長い施設だと5年以上担当していることもあるでしょう。そうなると「この医師は宣伝しても無駄だな」とか「この施設は何しても変わらないな」という悪い先入観が芽生えてきます。悪い先入観が芽生えてくると、作業がマンネリ化したり停滞したりしてしまいます。その結果、徐々に実績が下がってきたり、採用品目がいつの間にか減っていたりという事になりかねません。

 

この悪い先入観は必ずと言って良いほど芽生えてきます。悪い先入観が芽生えてしまうと、上記のように何かしら悪い方向へ進んでいきます。そうならない為にも、悪い先入観をなくし「何も考えずとりあえず行動してみる」ことが大切となってきます。

 

例えば、長年担当している医師がいたとします。その医師には説明会をやったり、講演会に来てもらったり、いろいろ仕掛けを行ってきました。しかし、長年担当して、いろいろ仕掛けを行ってきたからこそ「説明会しても無駄かな」とか「講演会に誘っても来ないしな」という悪い先入観が芽生えてしまいます。この悪い先入観がモチベーション低下に繋がっていくのです。

 

モチベーションを低下させない為にも、何も考えずにとりあえず行動してみることが重要となってきます。「説明会しても無駄かな」と考えるのではなく「(何も考えずとりあえず)説明会の時間をください」と依頼してください。「講演会に誘っても来ないしな」と考えるのではなく「(何も考えずとりあえず)講演会に来て下さい」と依頼するのです。

 

考えてしまうと人は行動しなくなる

 

なぜ、何も考えずに行動してみることが大切なのでしょうか。その理由として、コロンビア大学でビジネススクールの教授(※2015年現在)をされているシーナ・アイエンガー教授の調査があります。

 

人はどのように「選択」するのかを調査する為、スーパーマーケットで24種類と6種類のジャムの試食会を行いました。その中で購入まで至った人数の割合は6種類で30%、24種類ではたったの3%という結果でした。

 

つまり、人は選択肢がたくさんあると買わない(行動しない)ケースが多くなるということです。

 

この調査結果を、長年担当している医師の例に置き換えてみます。「説明会しても無駄かな」とか「講演会誘っても来ないしな」とか、いろいろな選択肢を考えていると「説明会するのや〜めた」とか「講演会誘わないでいいや」と行動しなくなるのです。

 

言い換えると、24種類のジャムの試食会では購入率がたった3%だったのと同様に、「説明会しても無駄かな」とか「講演会誘っても来ないしな」とか、いろいろな選択肢を考えていると、結果的に『行動しない』という選択肢を選んでしまうのです。

 

行動を起こさなければ時間だけが過ぎてしまい、良い結果は何も得られません。だからこそ、悪い先入観に邪魔されず、かつ選択肢に惑わされないように、思いついたら「何も考えずとりあえず行動してみる」ことが大切なのです。

 

行動すると決めることが大事

 

何も考えずにとりあえず行動すると決めると、どうしたらうまくいくかを考えるようになります。例えば、冒頭の長年担当している医師に「説明会をする」と決めたとします。すると、「だいぶ前にこの説明会したけど、もう一回同じ内容でやってみるか」とか「初心に戻って、もう一回現状確認してから説明会の内容を考えよう」という前向きな思考になってきます。

 

嫌々決まった内容でも同様です。例えば、急に上司同行が決まったとします。最初は面倒くさいと思いますが「どうせ上司同行するんなら、この先生のところ一緒に行って宣伝してもらうか」と前向きな思考になったことはありませんか。これは、無理矢理でも行動する(上司同行する)と決まったので、どうしたら有意義なものになるか(どうしたらうまくいくか)を考えるようになっているのです。

 

行動すると決めても、前向きに考えられなかったりモチベーションが上がらなかったり方もいるでしょう。そういう方は、まず自分を労わってください。こちらの記事にその大切さが記載されています。とりあえず行動することも、自分のマインドが整っていないとなかなか出来ないことです。

 

悩んでいろいろ考えることももちろん大切です。行動する為に「こういう方法だったらうまくいくんじゃないか」とか「こういうことを勉強したら良い考えが浮かぶんじゃないか」という、前向きなことを考えるのであれば、納得いくまで考えてください。

 

しかし、「これはうまくいかないかもしれない」とか「こんなことやっても無駄なんじゃないか」という、後ろ向きなことを考えるのであれば、何も考えずにとりあえず行動してみてください。行動すると決めてからどうすれば良いかを考えれば良いのです。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link


 

関連ページ