MR’s buddy-MRの仕事、スキル、モチベーション、やりがい等

自分の強みを活かせる仕事はモチベーションを保ちやすい

 

こちらの記事で、自分の長所や強みは「過去にワクワクして楽しかったこと」や「寝る間を惜しんでまで続けることが出来たこと」に直結することが多いと記載しました。「寝る間を惜しんでまで続けることが出来たこと」とは、言い換えれば「寝る間を惜しむほどモチベーションを高く保つことが出来たこと」ということです。

 

つまり、自分の長所や強みを活かすように工夫すれば、モチベーションが低い仕事内容でもモチベーションを高く保つことが可能になるということです。

 

では、あなたは自分の強みを理解しているでしょうか。私は自分の強みを理解するために、ペンシルバニア大学の強みに関する調査票(VIA)を活用しました。ユーザー登録が必要ですが、迷惑メール等も一切来ていません。気になる方は調べて実施してみてください。

 

参考までに私がVIAを実施した結果を記載します。

 

あなたの最高の強み
創造性 [独創性、創意工夫]
新しいやり方を考えることはあなたがどういう人間かということの重要な要素となっています。より良い方法が可能である限り、あなたは従来のやり方では決して満足することがない人です。

 

あなたの第2位の強み
親切心 [寛大さ、心遣い、配慮、慈悲心]
あなたは他の人に対して親切で寛大で、忙し過ぎるからといって人に親切にできないということはない人です。あなたは相手のことをよく知らなくても、良い行いをすることに楽しみを見出せる人です。

 

あなたの第3位の強み
好奇心 [興味関心、新奇探索傾向、経験への積極性]
あなたは何事にも好奇心を抱きます。常に問いを持ち、あらゆる主題やテーマについて興味深く感じます。あなたは探求と発見を好む人です。

 

以上が私の強み上位3つです。こちらの記事でも記載しましたが、私は社内で変な奴と言われています。その理由は、私の最高の強みである独創性が目立っているからです。独創性を活かせる仕事はやっていて楽しいです。独創性を発揮する仕事をしていると、いつの間にか1~2時間経っていたという経験はざらにあります。

 

つまり、あなた自身の強みを理解し、それを仕事に落とし込むことが出来れば、モチベーションを低下させることなく仕事に打ち込むことが出来るのです。

 

強みを仕事に活かすと、仕事の質も向上する

 

私が講演会を企画した時の話を例に挙げます。私は講演会を企画することがあまり好きではありません。費用対効果があまり高くないと感じているからです。

 

しかし、あまりにも私が講演会を企画しないので、上司から講演会を企画するよう指示が出ました。そうなるとやらざるを得なくなるので、私は嫌々講演会を企画することにしました。

 

私はやらされ感満載で、モチベーションも極度に低い状態でした。そこで、モチベーションを向上させる為、私の最高の強みである独創性を活かした講演会を企画することにしました。医療関係者以外を演者にたてることで、集客力を高め、インパクトのある会を企画しようとしたのです。

 

しかし、その内容は社内で前例がなかった為、上司や本社も難色を示していました。独創性を活かした講演会内容を企画している私のモチベーションは高くなっていましたので、普段の講演会企画では絶対に書かない企画書を書き、講演料等々の情報を集め、この講演会を実施するメリットを上司に訴えました。しかし、結果的に私の企画は通りませんでした。

 

その数か月後のことです。私が企画した同じ内容の講演会が他の企画者によって実現しました。私の企画が通らなかった後も、全国から同じような企画をしたいという話が挙がってきたからです。私にとっては残念な話ですが、会社的には一時期その講演会内容がブームになったので良かったのかなと思います。

 

この例で言いたいことは、講演会を企画することが嫌いな私が、企画書を書いてまで講演会を実現させようとした事実です。私は上司からの指示で嫌々講演会を企画し始めたが、そこに医療関係者以外を演者にたてるという「独創性」(=私の最高の強み)を加えることで、私のモチベーションは飛躍的に高まったのです。

 

つまり、自分の強みを理解して、その強みを仕事に組み込むことが大切だということです。そうすれば、モチベーションが低い仕事内容でも、モチベーションを高めることが可能となります。モチベーションを高めて仕事をすることが出来れば、仕事の質も量も向上しますので、良い結果に繋がることは言うまでもありません。

 

あなたの強みはなんでしょうか。VIAを実施してみるのも良いですし、人に聞いてみるのも良いことです。その強みこそ、モチベーションを高める最大のヒントになります。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link


 

関連ページ