MR’s buddy-MRの仕事、スキル、モチベーション、やりがい等

ボディーランゲージでプレゼンを強化する

 

プレゼンでボディーランゲージを意識しましょうという話になると、良くメラビアンの法則が引き合いに出されます。メラビアンの法則とは、心理学者のアルバート・メラビアンが発表した法則で、相手に伝わる情報は「言語情報(Verbal)話の内容や言葉の意味:7%、聴覚情報(Vocal)声のトーンや速さ:38%、視覚情報(Visual)表情や動作:55%」というものです。それぞれ3つの英単語の頭文字をとって「3Vの法則」と言われることもあります。

 

上記の結果から、プレゼンでは「言語情報は7%しか伝わらないんだから、服装や清潔感等の身なりが大事である」とか「プレゼンの内容よりも、力強さや声の大きさ等の話し方が大事である」と言われがちです。しかし、これは過大解釈です。100%間違っているわけではありませんが、これを鵜呑みにしてプレゼンに取り入れてはいけません。

 

メラビアンが実験で証明したかったことは「視覚」「聴覚」「言語」で矛盾した情報(Ex.怒っている顔(視覚)なのに、明るい声(聴覚)で、ありがとう(言語)と言っている)を相手に与えたときに、相手はどちらの情報を優先するのかということです。与える言語情報は単語で、聴覚情報は録音、視覚情報は写真です。つまり、生の人間が文章を数十分話すプレゼンの現場とはかけ離れている実験なのです。(※実験の詳細等はすでに記載されているページが多数あるので割愛します。)

 

「絶対に自社医薬品はお役に立てます!」と力強い声でプレゼンし、ボディーランゲージも力強いものであっても、プレゼンの内容が分かりづらく根拠が薄いものであれば信用されません。言語情報、聴覚情報、視覚情報、この3つがマッチしたプレゼンこそ最強です。プレゼンは「こっちが重要だから、こっちは手を抜いても良い」というものではありません。3つの条件全てが重要なのです。

 

しかし、この3つ全てを意識しているMRは少ないです。自社医薬品のデータ等の言語情報を意識し過ぎて、聴覚情報や視覚情報が置き去りになっています。メラビアンの法則を参考程度に留めるにしても、聴覚情報38%・視覚情報55%という無視できない数値が出ています。プレゼンの内容ももちろん重要ですが、ボディーランゲージのような非言語情報もプレゼンでは重要なのです。

 

では、どのような非言語情報が有効なのでしょうか。具体例を下記に記載します。

 

  • ポジティブな視覚情報:手を突き上げる、(手のひらを相手に見せるように)手を広げる、胸を張る等
  • 信頼のおける聴覚情報:ゆったり話す、声のトーンが低い、「〜です!」のように語尾の歯切れが良い等

 

非言語情報の中でも、ポジティブな視覚情報は自分を含め相手にもポジティブな印象を与えます。

 

例えば、あなたが応援している野球チームがあったとします。そのチームの選手が、9回裏に逆転サヨナラホームランを打ったらどうでしょう。両手をあげて喜ぶと思います。サッカーのワールドカップではどうでしょうか。応援している代表チームがゴールを決めると、観客席のサポーターが両手をあげて喜んでいるシーンがよく映ります。手を突き上げる、空を見上げる、ガッツポーズをする…これらのポーズは世界共通でポジティブな視覚情報なのです。

 

上記のようなポジティブな視覚情報について、ハーバード大学社会心理学者であるエイミー・カディ氏が科学的に証明しています。ポジティブなポーズをするだけで、テストステロンが増しコルチゾールが低下するというのです。

 

テストステロンは、冒険心や向上心といった力強さに関連しています。それに対し、コルチゾールはストレスに関連するホルモンです。つまり、ポジティブな視覚情報は、他人や自分を勇気付けたりするだけではなく、ストレスまで下げる可能性を秘めているということです。

 

聴覚情報も同様です。例えば、あなたが同僚に資料作成の仕事を任せるとします。「○○君、お願いね?」と依頼したあなたに対し、その同僚が小さく弱々しい声で「わ…分かった…」と答えるとかなり心配になると思います。逆に、「分かった!」と力強く答えてくれると、安心して任せることが出来るでしょう。

 

プレゼンの内容の言語情報はもちろん重要です。だからといって、視覚・聴覚情報(非言語情報)をないがしろにしていけません。あなた自身がプレゼンの内容に自信をもつことで、自分のボディーランゲージや声のトーン等も力強いものになってきます。その力強いポジティブな非言語情報は相手に好印象を与えることが出来ます。

 

言語・視覚・聴覚情報の3つの情報をうまく融合させること…それがプレゼンの成功へと大きく導いてくれるのです。

 

Sponsored Link

 

Sponsored Link


 

関連ページ